ナンバー 変更。 ナンバー変更・希望ナンバーへの変更手続き方法 〜各種手数料を節約するための方法を紹介〜

千葉県松戸市のナンバー変更を受付けている店舗・整備工場

ナンバー 変更

引越し後は様々な手続きが必要です。 その中のひとつが車のナンバー変更です。 忙しいとそのままにしておきたいと思ってしまいますが、放っておいてもよいのでしょうか。 引越し後の車のナンバー変更の必要性と方法について解説いたします。 車のナンバー、気に入っているから変えたくない! 引越しで車のナンバー変更が必要といわれても、覚えやすいナンバーや語呂が良いナンバーは変えたくないですよね。 引越ししたら車のナンバーは変更しないといけないのでしょうか。 引越しでのナンバー変更は法律で定められている 当たり前のようについているナンバープレートには、その車が登録された場所、その車の所有者などを明らかにする役割があります。 課税漏れや盗難などを防ぐ働きがあるので、道路運送車両法で「自動車はナンバープレートを付けること、見やすい場所に表示すること」が定められています。 同法第12条には「住所又は使用の本拠の位置に変更があつたときは、その事由があつた日から十五日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない。 」ことも定められています。 居住する都道府県や管轄する運輸支局が変わった方が、法律に従い住所変更手続きを行った場合、ナンバープレートの変更も必要になります(管轄する運輸支局が同じ場合、住所変更してもナンバープレートの変更は必要ありません)。 つまり、条件に当てはまる方の引越しによるナンバープレートの変更は、法律で定められているのです。 実際には、ナンバーはそのままでも特別な問題はない ナンバープレートの変更を行わないと罰則があるのでしょうか。 道路運送車両法第109条を確認すると「次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。 」とあります。 次の各号の中には、道路運送車両法第12条が含まれています。 つまり、住所変更、ナンバー変更を行わないと50万円以下の罰金に処される可能性があります。 とはいえ、ナンバーの変更を行わなかった方すべてに罰金が科されるわけではありません。 実際は、ナンバーの変更を行わなくても罰金を科されず過ごせることが多いようです。 ただし、住所変更、ナンバー変更をしていないと譲渡するときに問題になることがあるなどトラブルにつながる恐れがあります。 現在のナンバーに愛着がある方も法律に従い住所変更、ナンバー変更を行ったほうが良いでしょう。 自動車税の住所変更はしておくこと! 引越し時に忘れず行いたい車関連の手続きが自動車税の住所変更です。 これを忘れると様々なトラブルに直結します。 具体的には、納税用紙が旧住所に届く、自動車税を滞納してしまう、車検が受けられないなどのトラブルにつながります。 引越しした方は忘れずに行いましょう。 自動車税の住所変更は、納税用紙と一緒に送られてくる自動車税住所変更届で行えます。 引越しの予定がある方は、変更届を保管しておくと便利です。 車の住所変更をしてナンバーを変更する場合の方法 引越しに伴う車の住所変更、ナンバー変更を行いたい場合、どのようにすればよいのでしょうか。 車の住所変更、ナンバー変更を行う2つの方法を紹介します。 ディーラーなど店舗に依頼する場合 車の住所変更、ナンバー変更は、カーディーラーなどに依頼することができます。 カーディーラーに依頼する場合、次の書類などが必要になります。 車検証• 発効から1カ月以内の車庫証明書• 発効から3カ月以内の住民票• 車庫証明書は警察署で受け取れます。 車庫証明の申請も併せてカーディーラーなどに依頼することができます。 住民票は新住所が記載されているものです。 カーディーラーなどに依頼する方はこれらの書類などを用意しておきましょう。 自分で手続をする場合 車の住所変更、ナンバー変更は、自分で行うこともできます。 自分で手続きを行う場合、次の書類が必要です。 必要書類など• 車検証• 発効から1カ月以内の車庫証明書• 発効から3カ月以内の住民票• 申請書• 手数料納付書• 申請書、手数料納付書、自動車税申告書は当日用意できます。 自分で手続きを行う方は、車検所から認め印までを前日までに用意しましょう。 提出先の陸運局での流れ 車の住所変更、ナンバー変更は管轄の陸運局で行います。 自分で手続きを行う方は必要書類などをもって出かけましょう。 陸運局での流れは次の通りです。 書類の作成 窓口で申請書、手数料納付書、自動車税申告書を受け取り見本に従い記入します。 印紙の購入 350円(変更登録手数料)の印紙を購入して手数料納付書に貼り付けます。 窓口に書類を提出 出来上がった書類を窓口に提出します。 車検証を受け取る 窓口でしばらく待機していると新しい車検証が出来上がります。 名前を呼ばれたら新しい車検証を受け取ります。 税申告窓口に提出 税申告窓口に、車検証と自動車税申告書を提出します。 以後、自動車税の納付書などが新住所へ送付されます。 ナンバープレートの返納 住所変更に伴いナンバープレートが変わる方は、窓口で古いナンバープレートを返納します。 (古いナンバープレートを返納するタイミングは陸運局により異なります。 新しいナンバープレートの購入 交付窓口で新しいナンバープレートを購入します。 車に新しいナンバーを取り付けて、封印してもらい住所変更とナンバー変更が完了します。 住所変更、ナンバー変更の手続きを行う前に管轄の陸運局で確認してください。 車のナンバー変更で発生する気をつけておきたいこと 車のナンバーを変更する方は次のポイントにも注意が必要です。 ETCの再設定が必要 引越しに伴い車のナンバー変更を行った方は、ETCの再セットアップが必要です。 ETCの再セットアップは、登録されたETCセットアップ店で行えます。 暗号処理などが施されているので、登録されていない店舗や個人では行えません。 車のナンバーを変更した方は、ETCセットアップ店で相談しましょう。 再セットアップは、ETCセットアップ店に用意されているセットアップ申込書に必要事項を記入することで行えます。 車検証に記載されている利用者本人以外の方が申し込むには委任状が必要なので注意しましょう。 自動車保険の変更手続きが必要 車のナンバープレートを変更した方は、自動車保険の登録番号変更手続きも必要です。 登録番号変更手続きを忘れると、事故を起こしたときに契約車両とみなされない恐れがあります。 忘れずに加入する保険会社に連絡しましょう。 まとめ 引越しで住所が変わった方は、車の住所変更、ナンバー変更の手続きが必要です。 変更手続きを怠ると罰金を科されることやトラブルにつながることなどがあります。 車の住所変更、ナンバー変更は、カーディーラーなどに依頼できるほか自分で行うこともできます。 自分で行ったほうが安価ですが、引越し後の慌ただしい時期に決められた期間以内に行うことは大変です。 手間を減らしたい方はカーディーラーなどに依頼すると良いでしょう。 ナンバープレートの変更を行った方は、ETCの再セットアップ、自動車保険の変更手続きも必要です。 これらも忘れずに行いましょう。

次の

車のナンバー変更は簡単! 手続き・費用や方法について解説!

ナンバー 変更

ナンバープレートを変更するタイミングは人によって違います。 経年劣化で見えにくくなったプレートを交換したい方もいるでしょう。 事故や災害で破損してしまった方もいると思います。 また、なかには「 縁起の悪い数字だったから変えたい……」という方もいるかもしれません。 迷信と言われようと、ちょっとした不安でも払しょくしたほうが、運転により集中できるというものです。 ナンバープレートの変更の理由に、特に制限というものはありません。 「こんな理由で変更は受け付けません」ということはないので、ご安心を。 本記事では、ナンバープレートの変更を検討している方に向け、変更の手続きや費用についてわかりやすく解説をしていきます。 また、希望の数字のナンバーや、一風変わった図柄プレートの申請方法についても紹介していますので、ぜひ最後まで読みください。 運輸支局で申請用紙を記入• 登録手数料を、印紙の購入で支払い• 書類を提出し、新しい車検証を受け取る• 自動車税事務所(運輸支局内)に変更したことを申告• 古いナンバープレートを返却する• 新しいナンバープレートを購入する これで新しいナンバープレートの交付を受けることができます。 基本的には係の人が次の行動を支持してくれますので、それに従ってください。 所要時間は、書類がきちんとそろっていればだいたい即日、スムーズなら1時間と少しで終わります。 ただ、年末、年度末などの混雑する時期があります。 事前に運輸局に電話するなどして混雑予想を聞き、予定を立てておいたほうがいいでしょう。 混雑する時期には、手続き完了まで2~3日かかることもあります。 可能なら長期休暇前や季節の節目は避け、平日に休みを取って行くことをおすすめします。 ナンバー変更に必要な書類 ナンバーを変更するのに必要な書類は以下の通りです。 自宅で用意できるもの 陸運局に行き用意するもの ・自動車検査証(コピー不可) ・所有者の印鑑(認印)または委任状 ・字光式番号交付願(字光式) ・住民票の写し ・車庫証明証 ・申請用紙 ・手数料納付書 ・自動車税申告書 申請用紙や手数料は地域によって違いがあるので、管轄の運輸支局のホームページをご参照ください。 ナンバープレートには3種類ある ナンバープレートというと、車の購入時にあまり意識せず手続きしているイメージがありますが、実は3つの種類があります。 一般ナンバー• 希望ナンバー• 図版ナンバー 「 一般ナンバー」はその名の通り、特に何も頼んでいない場合に自動的に交付されるナンバーです。 ペイント式とも呼ばれます。 「 希望ナンバー」は、 自動的に役所から割り振られた番号ではなく、自分好みのナンバーにしたい場合に申請が可能です。 希望ナンバーの申請方法は次章でご紹介します。 「 図版ナンバー」は、白地に黒字だけという味気ないナンバーではなく、 ご当地の名産品やマスコット、またはイベントに合わせて発行される特別な図柄の入ったナンバーです。 こちらも後ほどご紹介します。 希望ナンバーは「自分で数字を選んだ」ナンバープレート 希望ナンバーは読んで字のごとく、自分で数字を選べるナンバーです。 かつては役所に割り振られたナンバーしか使用できませんでしたが、1997年からは 自分好みの数字を申請できるようになりました。 手続きは、運輸支局、またネット上で行うことができです。 また、 希望ナンバーは特に希望しない場合よりお金がかかる点は注意が必要です。 希望ナンバー対象の車両と非対応の車両 希望ナンバーを申請できる車両には種類がありますが、自家用車なら普通自動車・軽自動車問わず申請が可能です。 対応車両と非対応車両は以下の通りです。 希望ナンバープレート対応の車両 希望ナンバープレート非対応の車両 ・自動車(自家用車・事業用) ・軽自動車(自家用) ・軽自動車(事業用) ・バイク 希望ナンバーの種類は2つ また、希望ナンバーには以下の2種類があります。 抽選対象希望番号 1111や7777などの番号 毎週抽選が行われる 抽選対象希望番号に設定されていないもの(自分や家族の誕生日など) 抽選をしない やはりゾロ目の数字は人気があるようです。 これらは申請時に抽選対象かどうかを教えてもらえます。 「抽選してまではいいや」とお考えの方は、 複数のナンバーの候補を用意しておくとスムーズに手続きができます。 希望ナンバーの取得方法 希望ナンバーの申請はインターネット上で行うことが可能になっています。 で事前にナンバーを予約し、抽選がある場合は毎週行われます。 ナンバーが決定したら、で運輸支局えで手続きを行うことで、あなたのお望みのナンバーが取得できます。 それぞれの手順は以下の通りです。 抽選対象希望番号の申請手順• 車検証を手元に用意し、にアクセス。 表記に従って申し込みを行う• 毎週日曜までの申し込み分が、月曜日に抽選が行われる。 当否はメールで送られてくる• 当選した場合は、メールに記載された支払期限までに交付手数料を支払う• 落選した場合は、再抽選の申し込みをすることが可能。 または「特に希望しない」で手続きを行う なお、一部地域では、対象番号がすでに使い切られてしまっている場合があります。 特に「7777」はいくつかの県で申請数が0になっています。 つまりすでにすべてのパターンの「7777」ナンバーが使用されているので、 申請そのものができなくなっているのです。 こちらは地域ごとに申請できるナンバーが設定されているので、そこでナンバーが残っているかが確認できます。 一般希望番号の申請手順• 車検証を手元に用意し、にアクセス。 表記に従って申し込みを行う• 「申し込み完了メール」に記載された支払期限までに交付手数料を支払う• 運輸支局でナンバープレートの交付手続きを行う ご自分の誕生日やご家族の誕生日をナンバーにつけたいという方もいるでしょう。 また、語呂遊びで「4649」や「2525」といった、気づいた人だけがにやりとするナンバーをつけたい方もいると思います。 これらは覚えておきやすいという利点がありますし、やっぱり大切な車には好きなナンバーをつけてあげたいものです。 前述の通り、希望する番号が抽選対象かどうかは申請時に教えてもらえます。 気になる数字があれば、申請してみてはどうでしょうか。 希望ナンバー取得のためにかかる費用 希望ナンバープレートは受注生産となります。 そのため「特に希望しない」で申請したナンバーよりも交付手数料が高く設定されています。 料金は以下の通りです。 ペイント式 字光式(光るナンバープレート) 中型(小型・普通自動車) 3,900~4,400円程度 5,300~5,600円程度 大型(主に大型自動車) 4,900~5,200円程度 6,200~6,800円程度 さて、次に「図柄ナンバー」の取得方法についてみていきましょう。 絵柄が入っているナンバー「図柄ナンバー」 出典: 図柄ナンバーは、まさにそのまま 絵柄が入ったナンバーです。 アメリカの映画などで自由の女神が入ったナンバープレートを目にした人もいるのではないでしょうか。 あれも図柄ナンバーです。 日本でも規定の図柄のナンバープレートを申請することが可能です。 図柄ナンバーの種類 図柄ナンバーには大きく2つの種類があり、• 各都道府県の特産品・観光地・マスコットの図柄を入れたもの• オリンピックなどのイベントに合わせて発行される期間限定のナンバー というものがあります。 以下にご説明します。 各都道府県のナンバープレートの一例 奈良は鹿、鳥取は砂丘といったように、地域の観光スポットの図柄が主ですが、最近はそれ以外のものも増えてきました。 たとえば滋賀県の図柄ナンバープレートには、2018年にご当地ゆるキャラの 「ひこにゃん」が採用されました。 愛知県では、サッカーチーム名古屋グランパスエイトのマスコット 「グランパスくん」の図柄が採用されています。 熊本県ではもちろん、 「くまモン」が採用されています。 お住まいの地域で検索してみると、意外な特産品やマスコットのナンバープレートがあるかもしれません。 ぜひ一度探してみてください。 期間限定のナンバープレートの一例 出典: 2020年の東京オリンピック開催に向けて、2017年から 「オリンピック・パラリンピック記念ナンバープレート」の交付が開始されています。 その他にも、アジア発となる「 2019年ラグビーワールドカップ」に合わせた特別使用ナンバープレートの交付も行われています。 さらに、記念ナンバーには「寄付金付き」と「寄付金なし」のナンバープレートがあります。 これは文字通り、手数料に寄付金(1,000円~)を上乗せすることで選ぶことができます。 寄付金なしのプレートは、寄付金を納付した場合でも選ぶことができます。 寄付金なしのナンバープレートはシンプルなデザインなので「派手なのはちょっと……」という方におすすめです。 また、 軽自動車の場合、黄色いナンバーから白いナンバーへと変えられるチャンスでもあります。 「黄色のナンバーが車体の色と合ってないなあ」と思っていた方には朗報ではないでしょうか。 対象の車両と非対応の車両 図柄ナンバーの場合も、希望ナンバーと同様の車両が対象になります。 改めて表で示すると以下の通りです。 希望/図柄ナンバープレート対応の車両 希望/図柄ナンバープレート非対応の車両 ・自動車(自家用車・事業用) ・軽自動車(自家用) ・軽自動車(事業用) ・バイク 図柄ナンバーの申し込み方法 図柄ナンバーの申し込み方法の特徴として、「 交換申し込み」と「希望申し込み」の2種類の申請方法が存在することが挙げられます。 違いはとても単純で、• 車検証を手元に用意し、にアクセス。 表記に従って申し込みを行う• 一般希望番号の場合は「申し込み完了メール」が送られてくるので、交付手数料を支払う。 抽選対象希望番号の場合、月曜日に抽選が行われ、当否がメールで送られてくる(希望ナンバーと同様)• 支払後、「入金確認メール」の指示に従い、交付可能期間内(1ヶ月)に、希望番号予約センターに「 希望番号予約済証」を受け取りに行く• 運輸支局で手続きを行い、ナンバープレートを取り付ける ナンバーを新しく申請する分、交換申し込みよりも少しだけ手間が必要です。 図柄ナンバーの料金 図柄ナンバーもやはり受注してからの生産になるので、手数料が通常のナンバープレートより高めです。 手数料は以下の通りです。 平日に休日がある仕事の方でないと、なかなか腰が重いですよね。 そういった方々へのニーズに応えて、 ナンバープレート交換を代行してくれるサービスが複数あります。 料金は業者やサービス内容ごとに違ってきますが、およそ 1万~2万円前後が目安です。 運輸支局への車の持ち込みに関しては、対応していない業者がありますので、ご自身のニーズに合ったプランを選び、契約時にもしっかりと先方に確認をしましょう。 業者は全国で対応可能なところは少なく、基本的には拠点周辺地域をサービスの対象地域としています。 遠地になるほど料金が高くなるので、できる限りお住まいの地域に近い業者を選ぶのがいいでしょう。 ほとんどは行政書士の資格を持った信頼できる業者です。 資格の有無について明記しているかどうかも、選ぶ基準になるでしょう。 まとめ 長くなりましたが、車のナンバープレートの変更についてざっくりまとめると、以下のようになります。 必要書類は自分で用意する必要があるものと、運輸支局で用意できるものがある• 希望ナンバーは抽選制のものと、抽選なしで選べるものがある• 図柄ナンバーもあり、絵柄は地域やイベントなどに合わせて用意されている• 事業用軽自動車やバイクは、希望ナンバーや図柄ナンバーへの変更ができない• 希望ナンバー、図柄ナンバーは、特に何も希望しないナンバーより手数料が高い• 代行業者は存在するが、サービス内容は多岐にわたるので、よく吟味することが重要 あとは、住民票の取得や、運輸支局(または陸運局)への車の持ち込みなどに合わせて、スケジュール調整をしっかりすることが肝心です。 この記事を参考に、希望のナンバープレートを入手してください。

次の

車のナンバープレート変更 引越し後の手続き 住所変更 必要書類について 意外と簡単?!

ナンバー 変更

ナンバー変更・希望ナンバーへの変更手続き方法 あなたは、『もっと気軽に ナンバー変更ができたら。 』 と思ったことはありませんか? 好きなナンバーに変えたい・うっかりぶつけて曲がってしまった・色が剥げてきた・ なんだかナンバーのせいで運が悪いような気がする・とにかく気に入らない。 などなど、理由はいろいろあると思います。 でも、クルマ屋さんではないから、 自分では変更できないものだと、あきらめてはいませんか? ここでは、そんなあなたのために、 ナンバー変更の手順をご紹介しましょう。 必要書類など ナンバー変更に必要な書類などは、• 自動車検査証(車検証)• 自動車登録番号標交付申請書• ナンバープレート• 手数料納付書• 自動車税申告書• 委任状 書類の入手方法。 2.は、『運輸支局・検査登録事務所』 の敷地内にある 『書類販売』 窓口で購入することができます。 (40円程度。 ) 4.は、『運輸支局・検査登録事務所』 の敷地内にある 『ナンバー返納』 窓口で、 ナンバーを返納するともらえます。 5.は、『運輸支局・検査登録事務所』 の敷地内にある 『自動車税事務所』 でもらえます。 1.自動車検査証(車検証) クルマの持ち主や住所、登録番号(ナンバープレートの番号のこと)、 型式などが書いてあって、クルマの中にいつも入っているものですね。 2.自動車登録番号標交付申請書 登録手続きをするときの申請書です。 OCRシートという、必要な情報を機械で読み取る専用用紙を使います。 3.ナンバープレート 登録手続きする当日、 『運輸支局・検査登録事務所』 の敷地内にある駐車場で取り外して、 『ナンバー返納』 窓口へ返納します。 4.手数料納付書 『ナンバー返納』 窓口でナンバーを返すと 『返納確認印』 を押して、もらえる書類です。 5.自動車税申告書 車検証の登録番号が変わるため、 自動車税事務所でも登録番号の変更を、申告しておく必要があります。 6.委任状 所有者が直接申告するときは、必要ありません。 手続き ナンバー変更の手続きは、使用の本拠の位置となる住所を管轄する、 で行います。 軽自動車は、です。 まず、『運輸支局・検査登録事務所・軽自動車検査協会』 の敷地内にある駐車場で ナンバープレートを取り外して、『ナンバー返納』 窓口へ返納します。 必要な書類すべてに、必要事項を書き込み、『登録受付』 窓口へ提出します。 しばらくすると、『検査証交付』 窓口から名前が呼ばれ、 登録番号が変更された、新しい車検証が交付されます。 つぎは、『自動車税申告』 窓口へ行き、 新しい車検証と自動車税申告書を提出して、税金の申告を済ませます。 さて、お待ちかねのナンバー交付です!! 『ナンバー交付』 窓口へ行き、ナンバープレート代(1500円程度)を支払い、 新しい車検証と引き換えに、新しいナンバープレート・封印を取り付けるための台・ 取り付け用ボルトを受け取ります。 (このとき車検証は、ナンバープレートの封印を済ませるまで、人質(笑)に取られることになります。 ) 軽自動車は封印がありませんから、 新しい車検証を『ナンバー交付』 窓口で見せると新しいナンバーが車検証と一緒にもらえます。 駐車場で新しいナンバーを付け終わったら、軽自動車のナンバー変更はこれで終わりです。 軽自動車以外の自動車は、新しいナンバープレートを取りつけ、封印場へむかいます。 (このとき、封印を取り付けるための台は、 うしろのナンバープレートを取り付けるボルトの内の、 左側のボルトといっしょに固定しておきます。 ) さいごに、封印場で係りの人に封印をつけてもらい、 車検証を受け取れば ナンバー変更完了です!! スポンサーリンク 希望ナンバーの取り方 上記のナンバー変更方法では、どんなナンバーになるかは選ぶことができません。 よいナンバーが当たるかどうかは、運しだいということになってしまいます。 もし、ナンバーを好きに選んで変更したい場合、 手続き・書類などは上記とおなじですが、手続きする前に、あらかじめ 『希望ナンバーの予約受付』 窓口で、 『希望ナンバーの予約手続き』 をし、『希望番号予約済証』 の交付をうける必要があります。 (このとき、希望ナンバープレート代(4200円程度)をさきに支払うことになります。 ) そして、『希望番号予約済証』 に記載されている ナンバープレートの交付可能日(土日を除いて4日後)を待ってから手続きを行います。 書類 『希望ナンバーの予約手続き』 に必要な書類は、 上記の1〜6の書類 と 『希望番号予約済証』 それと、 人気があって抽選対象番号 『1、7、333、555、777、888、2000、3000、1111、3333、5555、7777、8888』 を 希望するときに使う、 『抽選対象希望番号申込書』 か、 抽選対象番号以外の番号を希望するときに使う、 『一般希望番号申込書』 のいずれかを合わせて提出します。 書類の入手先は、『運輸支局・検査登録事務所・軽自動車検査協会』 の敷地内にある、 『書類販売』 窓口で購入することができます。 (40円程度。 ) 抽選対象希望番号は、必ず取得できるとは限りませんので、ご注意ください。

次の